米国薬剤師研修ツアー

高い専門性と広い権限を持つ米国薬剤師から学び薬局現場で活かせるヒントを得てみませんか

出発日

2016年7月10日(日)出発/4泊6日

出発地 成田空港
研修地

ロサンゼルス(米国)

ご旅行代金

428,000円(2名1室利用お1人様代金)
476,000円(1名1室利用)

最終日追加プション

55,000円 (午後半日視察)

ビジネスクラス
アップ代金

520,000円

申込期限

2016年5月31日!!
*お申込みは1名様から承れます。
*ロサンゼルス滞在中は、現地係員がお世話をさせて頂きます。

空港諸税

*旅行代金には燃油サ-チャージが含まれております。
*国内空港施設使用料等及び、海外空港諸税が含まれておりません。
『日本国内空港施設使用料』…成田空港2,610円
『海外空港諸税』…8,000円
旅行代金の他に別途必要です。

★早割特典60日前までのお申し込みで旅行代金一律¥5,000引き

ミレニア社ご提案 研修のメリット
大手総合病院の院内薬局、ドラッグストア、療養型看護施設・介護施設、スペシャリティ・ファーマシーなど短期間で様々な現場で働く薬剤師からじっくり生の声が聞け、意見交換ができる。
介護施設や在宅医療に特化したスペシャリティ薬局サービスなど、新しい薬局スタイルの実態が学べる。
地域のニーズに合わせたサービス提供、販売促進方法、スタッフ教育システムなど、経営成功への取り組みを薬局管理者から聞きだす。
日本語研修資料・専門通訳をご用意致します。
研修終了後には、修了書を発行します。
経験と知識豊富な現地日本人スタッフによる安心のサポート!!
日程 午前 午後
07/10
( 日 )
成田空港までは、別途追加料金にて手配可能です。
詳しくはお問い合わせ下さい。
日本発(成田空港)
**********日付変更線通過***********
ロサンゼルス到着後、市内観光を経てホテルへご案内
07/11
( 月 )

ミレニア社による講義

■米国医療制度概要
・各医療サービスと、患者の流れ・日米比較
・DRG制度(疾病別包括支払い方式)採用による在院日数短縮等の 医療システム変換
・医療保険制度と、マネージドケア
(公的医療保険・民間医療保険と、マネージドケアの仕組み)
■米国の薬局事情
・米国で薬剤師になる為の過程 
・薬の選択・日米比較

・コミュニティ薬局の様々な形態・サービス展開(大手ドラッグチェーン、シニア施設専門薬局、在宅輸液薬局、 スペシャルティ薬局、メールオーダー薬局)

『現場視察① ドラッグストア』

■現場視察(調剤薬局内、予防接種ルーム 在庫室など)
■薬剤マネージャーとのディスカッション
・処方箋受け取りから薬の受け渡しまでの調剤業務の流れ
・薬剤テクニシャンと薬剤師の役割分担と勤務体制
・調剤過誤予防の為のシステム ・工夫
・服薬指導の内容と、記録方法
・予防接種・血液検査、包括的薬物レビューなどの調剤以外のサービス
・レフィル処方(再処方)の現状
■店舗マネージャーとのディスカッション
・調剤の利益構造と平均客単価
・他ドラッグストアチェーンとの差別化戦略
・新人教育の内容と生涯学習の状況
・スタッフの質管理・モチベーションアップの為の手法
07/12
( 火 )

『現場視察② 大手急性期病院 』

■院内薬局の視察・薬剤師との質疑応答
(最新式調剤システム、分包機、薬剤カート、 バーコード技術を使った投薬ミス防止システムなどの紹介)
■外来薬局の視察・薬剤師との質疑応答
(自動調剤機などの投薬ミス予防の為の工夫紹介、 退院時服薬指導の実情)
■病院薬剤師とのディスカッション
・病院薬剤師の一日の業務の流れ
・依存型処方権の実際
・入院患者に対する薬の情報提供の現状

『現場視察③ 療養型施設・介護施設専門薬局』

■現場視察・薬剤師との質疑応答
(調剤エリア、無菌室、分包エリア、在庫エリアなどの紹介)
■管理者(薬剤師)とのディスカッション

・薬のオーダーから調剤、配達までの業務の流れ
・調剤過誤予防の為のシステム・工夫
・疑義照会含む施設との日常コミュニケーション
・調剤及び配達に関する利益構造
・施設に対する臨床サービス
(薬剤師コンサルタントの派遣、臨床・規制遵守コンサルタントの派遣など)
・施設のニーズ把握・営業活動の実情
07/13
( 水 )

『現場視察④ 総合シニア施設』

■現場視察・薬剤師との質疑応答
(スキルド・ナーシング施設、介護施設、在宅医療部門等)
■臨床管理者とのディスカッション
・専門薬局との連携・薬剤管理
・投薬管理とミス予防
・専門薬局からの薬剤コンサルタントの役割
・薬剤に関するスタッフ教育
・介護施設での服薬コンプライエンスの現状と課題

●午後自由行動(基本プランは午後から自由行動になります。)

◎午後オプショナルプラン

<視察先(例1)> 在宅輸液・スペシャルティ薬局
◆現場視察・薬剤師との質疑応答
(調剤エリア、無菌室、在庫エリアなどの紹介) 
◆管理者(薬剤師)とのディスカッション
・薬のオーダーから調剤、配達までの業務の流れ
・在宅輸液が始まったころから現在に至るまでの保険償還額の移行と、 それに対応するための戦略
・調剤及び配達に関する利益構造
・在宅患者に対する臨床サポートサービス
・外来輸液センター運営のメリット
・質管理の方法(点滴薬剤・輸液ポンプなど)
<視察先(例2)> コンサルタント薬剤師との面談
◆サービス概要、コンサルタント薬剤師の役割、医師との連携、顧客に対する教育など
07/14
( 木 )
ホテルチェックアウト後、空港へご案内 ロサンゼルス発
**********日付変更線通過***********
07/15
( 金 )
  日本着(成田空港)お疲れ様でした

旅行条件

利用航空会社

アメリカン航空、シンガポール航空、ユナイテッド航空、デルタ航空、全日空、日本航空のいずれかの直行便


最少催行人数 6名様

添乗員

なし。現地係員がご案内いたします。


食事 なし(機内食を除く)

利用予定ホテル ガーデンスイートホテル、オックスフォードパレス、ラマダホテル、LAホテルダウンタウン、ミヤコホテル又は同等クラス

申込期限 2016年5月31日

その他 ※3名様1室のトリプルル-ムの設定はございません。
※1名様でのお申込みのお客様は1名1室のシングルルームでの案内になります。

研修内容のお問い合わせ ミレニア・エデュケーション
Millennia Holdings, Inc.
3731 Wilshire Blvd. Suite#900
Los Angeles, CA90010
Tel : +1(213)252-1230
E-mail : info@iryo-kenshu.com
URL: http://www.iryo-kenshu.com